いろんな思い出のこもったプレゼント

いろんな思い出のこもったプレゼント

いろんな思い出のこもったプレゼント

昨年5月、中学生の子供が校外学習で民泊をしてきました。

 

学校行事で何年も訪れてきた場所に変わって、今回は新たに被災地を訪れる目的の校外学習になったようです。

 

東日本大震災後、すっかり観光客が減ってしまった沿岸部への校外学習でした。

 

そして、震災の話を聞き復興の様子を勉強しながら地元の方の協力を得て民泊する内容の校外学習でした。

 

民泊しながら、宿泊先のお宅の農作業や家事、港の仕事のお手伝いをして交流を深める内容で、各家庭で皆んな違う体験をしたらしいです。

 

うちの子の宿泊先の方は手広く農業や畜産、林業を営んでいるお宅で、いろいろと貴重な体験をしてきたようです。

 

その体験のなかで、木のスプーンや箸置きを作らせてもらったらしく、お友達と一緒に作業をしてとても楽しい一番の思い出になったようです。

 

 

 

そのときに作った思い出の「木のスプーン」を母の日のプレゼントとしてわざわざ作ってきてくれました。

 

いままで、子供にプレゼントを貰ったことがほとんど無いので、とても嬉しく感動しました。

 

 

 

たいした額のお小遣いをあげている訳でもないので、お金もあまり無いながらも子供なりにいろいろ考えてくれたのが、何よりも嬉しかったです。

 

しかも本当に手作りと思えない程完成度が高く思わず「本当にこれ、もらっていいの?」と何度も聞いてしまいました。

 

親バカかもしれませんが、なかなかの器用さに感心してしまいました。

 

ここまで磨き上げるのにどんなに頑張ってヤスリをかけたのだろうと思うと、感激もひとしおです。

 

 

 

使ってみると、本当に滑らかで舌触りもよく。持ちやすい形のスプーンでした。

 

使わないのももったいないので、朝食のヨーグルト用のスプーンにしています。

 

このスプーンでいただくと何とも言えず幸せな気持ちになります。

 

 

 

貴重な郊外活動の思い出のつまった貴重なスプーンは、どこにも売っていない沢山の思い出のつまったプレゼントでした。

 

 

 

このスプーンの作り方を教えてくれた被災地の方々の様々な思いも詰まっていると思うと、なおさら大事にしようと思います。

 

時々オイルを染み込ませ、磨いてあげるとピカピカになり、味わいのある艶が出てくるので年月が経つとまた一層味わいのあるスプーンに成長してくれそうです。

 

 

 

なかなか、被災地に足を向けることができないまま8年も過ぎてしまいましたが、いつか子供に案内してもらいながら郊外活動の思い出の地に出向き、お世話になった民泊先の方へお礼ができれば良いなと思います。

 

 

世界に一つの沢山の思い出のつまったプレゼントをありがとう!

 

出産祝いにおススメな体験ギフトカタログ2選♪貰って嬉しい☆赤ちゃんプレゼント人気ランキング

 

関連ページ

秋葉原に行ってきた
独身貴族による生活ありのまま暴露日記
チームラボへ遊びに行きました。
独身貴族による生活ありのまま暴露日記
ニフレルにいった感想
独身貴族による生活ありのまま暴露日記
福井県三国町の港町職人
独身貴族による生活ありのまま暴露日記
シンガポールに行ってきた
独身貴族による生活ありのまま暴露日記